施術を受ける

歯科用の照明器具

何らかの理由で失われたり、虫歯になってしまった歯等を人工的に回復する事こそ、歯科医師の技術や知識が最も要求される治療です。この治療には、ブリッジや入れ歯、コーヌス・デンチャーなどが使用されますが、主体となる患者さんは、インプラント治療を選択するというちょっとした工夫で、さまざまなメリットが得られます。例えば、ブリッジやコーヌス・デンチャーでは、健康な天然歯と削る必要があります。しかし、インプラント治療では、部分入れ歯を固定する為のクラスプのように天然歯に負担をかける構造ではないので、天然歯を削る必要がありません。健康な歯を健康なままにしておく事が出来る事、それがインプラント治療の大きなメリットです。

インプラント治療は、インプラント体を骨に埋め込み、強固に結合させて、その上に人工の歯を作るというものです。インプラント体はネジ状になっていて、これを顎骨に埋め込んでいきます。顎の骨の高さが不十分な場合にはインプラント体のネジが骨を突き抜けてしまいます。それではまずいので、顎骨を増やす為の移植手術などが必要になってきます。この骨移植は小規模なものから大規模なものまであり、この時点で諦めてしまう場合もあります。また、インプラント治療が始まった当初は、インプラント体の表面は研磨されてつるつるした状態でした。しかし、現在の表面はざらざらに仕上げられている為、このざらざら面に骨細胞が食い込んでくる為、顎骨が不十分でも、十分の強固な結合が得られます。