早めの検査

開いた口と白い歯

成長期の子供の歯と口内の健康は学校での定期検査も含めた家庭と学校と歯科医でのチェック体制がとても大切です。 子供の歯つまり乳歯は、生え換わった後に使い続ける永久歯よりももともともろい性質をもっています。 成長期でアゴも含めた口内が大人に近い状態になる為の準備のタイミングで永久歯に生え換わるので、それまでの期間のケアが永久歯の状態を左右する事にもなります。 乳幼児で前歯から少しずつ生えてゆきますが、幼児の頃は小児科や保健所などのアドバイスも受けつつ家庭での歯磨きやうがいで口内の健康を保ってゆきます。 乳歯が生えそろって自分で歯磨きが出来るようになる年齢からが、家庭と歯科医とのタッグで口内の健康を保ってゆく事になるのです。

乳歯は永久歯よりもサイズが小さくもともと歯磨きでも磨き残しが出来やすい性質があり、細かな凸凹があるので歯垢がつきやすく、いわゆるみそっ歯と呼ばれる状態になりやすいのです。 歯の変色だけでなくそこから虫歯の原因になりやすいので、歯科医で定期的に口内全体の検査をしてもらい、虫歯になりやすい所に薬剤をぬってもらって予防をしてもらうのも一つの方法です。 乳歯をいかに健康な状態で永久歯が生えてくるまでもたせるか。 成長しても健康な口内環境を保ちやすくする決め手でもあります。最近は食物が柔らかい物をメインで食べているので昔よりもアゴが小さく、生える歯は昔よりもサイズが大きくなってきています。 良い歯並びで永久歯を生えさせる為のアドバイスも定期的な歯科での検査時に都度もらって継続的に実行すると良いでしょう。 親知らず以外の歯が生えそろうまではかなりの時間がかかるので、結果として定期的な歯科医での検査は子供の食事や生活も含めた健康管理の一環にもなるのです。