歯の健康

治療を行う歯科医

虫歯の痛みはそれだけで日常生活を破綻させてしまうほど強烈です。歯の痛み止めで誤魔化すのも良いですが、それでは根治に繋がりませんので、歯医者に行くようにしましょう。 近年は歯のトラブルに使用できる様々な治療法が開発されていますが、削った歯をもう一度再生させる方法は生まれていません。できるだけ自分自身の歯を守るためにも、削らない治療を取り入れている歯医者を探すようにしましょう。 特にお子様は成長期ですから、これから長い時間自分の歯で暮らして行く事になります。その場合、小児歯科に行くようにしましょう。小児歯科は子供の口腔トラブルに特化した歯科であり、大人向け歯医者のように「削る」治療はしないよう心掛けています。患者様の「今後」の事を考えた治療法を取り入れている歯医者に行きましょう。

近年の医療技術は、一昔前は存在しなかったような新たな治療法を生み出しています。例えば歯に極薄のシートを貼る事により、削らず虫歯を治療できる方法が考案されています。 こちらはまだ実用化されていませんが、将来的に実際の治療現場で利用される見込みの高い技術です。 また、レーザー技術を使用して虫歯菌を退治する技術も現在実用化に向けて急ピッチで開発されています。このようなレーザーは人の手で落せない場所にある虫歯菌を撃退する上でも強力な効果を発揮します。 今後の歯医者における虫歯治療は、できるだけ患者様の歯を削らず、見た目も損なわない方向に進んで行く事は間違いありません。 またそうした治療を有効に維持するため、近年では虫歯予防に力を入れている歯医者も増えています。